JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

ミニトマト「アンジェレ」出荷説明会/目合わせで規格を統一【JA越後中央】
2018.05.28

JA越後中央は15日、新潟市西蒲区の本店で、ミニトマト「アンジェレ」の出荷説明会を開いた。生産者や関係機関の担当者ら48人が参加し、出荷規格を確認。品質の良いミニトマトを出荷していこうと意識を高めた。
 「アンジェレ」はJA全農オリジナルの品種。同JA管内では2018年産で、19戸が180㌃に作付けた。県内では最大の産地だ。
 説明会では、県の農業普及指導の担当者が出荷期以降の管理について解説した。「収穫が始まってからは、やや強めの肥培管理で草勢を維持してほしい。高温期の管理では、肥料過剰で水揚げが悪くなると、日焼け果(グリーンバック)が発生しやすいので注意して」と呼びかけた。JA全農の担当者は、販売情勢や品種特性、管理方法で情報提供をした。
 集荷場所や出荷方法は同JAの担当者が説明。目合わせでは、机に並べた「アンジェレ」を見本として、参加者全員で出荷規格を確認した。同JAによると、初出荷は6月1日の予定だ。
     越後中央 アンジェレ出荷説明会

            目合わせで「アンジェレ」の規格を確認する生産者ら

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!