JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

露地プール育苗試験栽培 コスト低減・省力化で所得増大と生産拡大を目指す JAにいがた南蒲【JAにいがた南蒲】
2018.05.28

JAにいがた南蒲は今年、水稲の露地プール育苗で実証試験を行っている。育苗用ビニールハウスの建設コストの削減や、かん水などの栽培管理の省力化などのメリットが期待できる技術。試験結果を踏まえて農家に提案し、資材コスト低減による所得増大、省力化による生産拡大につなげていく。
 試験品種は「コシヒカリBL」で、4月17日に育苗箱240枚に播種(はしゅ)をした。出芽機で出芽させた後、同JA北営農センターの駐車場に設置したプールに並べた。遮光シートで3日間、覆いをし、その後に水を入れて管理した。水の温度の変化で苗の伸長を調整。水温が上がった日は、夕方に水を減らし、翌朝に水を入れ替えるなどの作業を行った。苗の生育は順調で、5月9日に地元の水田に植え付けた。
 北営農センター米穀課の担当職員は「野生鳥獣の被害がなく、生育は順調だった。露地プールで育苗すれば、ビニールハウスが空くことになる。園芸生産に取り組むことで、所得増大と生産拡大につなげることも可能。今後も取り組みを継続し、発信していきたい」と意気込んだ。
 「コシヒカリBL」の他、「つきあかり」「新潟次郎」でもプール育苗の実証試験を行った。今後もコスト削減や省力化の効果を確認し、取り組みを組合員へ発信していく。
にいがた南蒲 露地プール育苗試験栽培                苗の生育具合を確認する担当職員    

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!