JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

ミニトマト「アンジェレ」の栽培指導会を開催/初期管理などを確認【JA越後中央】
2018.05.15

JA越後中央は4月17日、ミニトマト「アンジェレ」の栽培指導会を開いた。生産者やJA営農指導員ら40人が参加した。指導会の会場となったのは、新潟市南区の生産法人「味方ふぁ~む」のハウス。参加者は、「アンジェレ」の生育を確認しながら、今後の管理に向け情報を共有した。
 「アンジェレ」はJA全農のオリジナル品種。果形はプラム型で、裂果が少なく、糖度が高い特徴を持つ。県外では、九州や東北で栽培が盛んだが、県内では同JAが他産地に先駆けて導入。2018年産では、農家19戸が180㌃で作付けをしており、県内で最大の産地となっている。
 指導会で講師を務めた県巻農業普及指導センターの担当者は、定植後のハウスの温度管理について解説した。「朝晩で気温差が大きい。日中は気温が高くなり過ぎないように、適切な換気を心がけてほしい」とアドバイスした。同JAの担当者は「寒い日は、かん水を控えるなど地温の上昇を促し、根張りが良くなるように努めてほしい」と呼びかけた。
      越後中央 アンジェレ栽培指導会

            ミニトマト「アンジェレ」の生育状況を確認する参加者ら

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!