JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

韓国の農業関係者視察受け入れ・越後さんとう・米の品質管理体制や施設を案内【JA越後さんとう】
2018.04.16

 JA越後さんとうは4日、韓国の農林畜産食品部食糧産業課の要請に基づき、先進地事例調査の視察を受け入れた。同国の行政担当者ら9人が参加した。同JAの水島和夫常務や丸山健司営農部長らが、米を収穫した後の品質管理体制を紹介。カントリーエレベーター(CE)などの施設を案内した。

 韓国では、米の収穫後の品質管理体制が問題となっている。農林水産省ホームページに紹介されていた同JAの「大規模生産組織へのCEサイロ貸し出しの取り組み」を参考に、流通段階における品質の安定化を目的として視察に訪れた。

 視察では、水島常務らは、同JAの会議室で米事業や契約栽培の取り組みなどを説明。出雲崎ライスセンターと、こしじカントリーエレベーターの2か所を案内し、収穫後の荷受作業の流れを説明した。参加した韓国の担当者は、品位決定や米代金の精算方法などに質問をしていた。

 同JAは、視察が韓国における米の生産と流通の発展に役立つことを期待すると振り返った。
 越後さんとう 韓国の農業関係者視察受け入れ

担当者の説明を聞く韓国関係者ら

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!