JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

JAしおざわ稲作部会が総会と研修会・特A復帰へ地域一丸・15日には魚沼全域の大会も【JAしおざわ】
2018.04.16

 JAしおざわ稲作部会は4日、総会と良食味米生産に向けた研修会を開いた。会場は、南魚沼市にある同JA本所で、部会員、同JA役職員や関係団体の担当者ら35人が参加した。「魚沼コシヒカリ」が2018年産で米食味ランキングの特Aに復帰できるよう、参加者は意識を高めた。

 総会では、17年度の活動報告や18年度活動計画などを協議・承認。同部会の髙村良一部会長は「米食味ランキングで特Aを逃したことを真摯(しんし)に受け止め、地域が一丸となって品質・食味の高位平準化に、改めて取り組む必要がある」と強調し、出席した生産者に協力を求めた。

 研修会では、良食味米生産のポイントを確認した。県南魚沼農業普及指導センターの普及指導員は、水稲の健苗育成について解説した。同JAの担当者は、食味に関する検討事項と技術対策について説明。

「特A復帰に向けて、食味について関係機関と協議を進めているところだ。JAは今後、生産者に対する迅速な情報提供と、栽培の基本となる土づくりなどの提案をしていく。皆さんも基本技術を再確認をし、米の食味の向上に取り組んでほしい」と訴えた。

 県や魚沼米改良協会、魚沼米対策協議会は15日、同JA管内を含む魚沼地域の稲作農家を対象として「生産者大会」を開く。

 

しおざわ 稲作部会総会&研修会

特A奪還に向けて地域一丸となった取り組みの必要性を説く髙村部会長

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!