JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

ニシキゴイの初せりに向けて準備が進む、JA越後おぢや錦鯉市場【JA越後おぢや】
2018.04.09

 新潟県で唯一のニシキゴイの取引市場であるJA越後おぢや錦鯉(にしきごい)市場(小千谷市南荷頃)で初せりに向けた市場の準備が進んでいる。初せりは13日に開催する。

 3月30日には、同JA園芸特産課の職員7人が、ニシキゴイを入れる「舟」600個を、市場の建物2階から手作業で下ろした。「舟出し」と呼ばれる恒例の作業。

 今年は11月30日までの金曜日に開場する(8月17日と9月7日は休場)。年間32回を予定している。

 2017年は、市場を32回開き、出荷した総舟数は6973舟だった。

 ニシキゴイは「泳ぐ宝石」と呼ばれている。「雪の恵みを活かした稲作・養鯉システム」は、日本農業遺産の認定を受けた。県は昨年、5月5日付けでニシキゴイを「県の鑑賞魚」に指定した。

越後おぢや 錦鯉市場準備

ニシキゴイの初せりに向け、「舟出し」をするJA職員

 

 

 

 

     

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!