JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

お役立ちするための知識身に付ける・共済推進全体研修会【JA越後ながおか】
2018.02.22

 JA越後ながおかは7~9日の3日間、2018年度共済推進全体研修会を、長岡市今朝白にあるパストラル長岡で開いた。共済推進を担う全部署の職員390人が、推進に必要な法令・制度に関する知識を身に付けた。

 7日の午後の部では、52人が参加した。同JAの長部千里常務は「共済制度は、相互扶助という協同組合の姿そのものだ。店舗数が多く、何かあった時にすぐに対応できるJA共済の強みを生かして、地域に貢献してほしい」と呼び掛けた。

 研修会では、JA共済連新潟の担当者が情勢を報告した。同JA金融共済部の諸橋等部長は、18年度の共済推進の要領を説明。共済を扱う際のコンプライアンス(法令順守)と共済商品の特徴、契約者へのフォローについて解説した。

 参加した職員は「地域に密着した業務を展開するJA職員として、組合員のためにもっと役立ちたいと思った。渉外担当と連携して、必要とされている提案をできるようにしていきたい」と話した。

越後ながおか 共済推進全体研修会

研修を受ける職員

 

 

     

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!