JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

農業を次世代へ・農事組合法人水光里(みっこり) 設立総会を開催【JA北越後】
2018.02.13

 新発田市川東地区の水田農業を守る受け皿組織として、農事組合法人「水光里(みっこり)」が1月28日に設立された。JA北越後が積極的に支援してきたもの。同法人は今後、水稲35㌶を中心とした農業経営に取り組む。機械や施設の効率的な運用で、生産コストの低減も進め、生産性の高い持続可能な農業経営を目指す。

 設立総会には、法人の構成員や同JAなどの関係者ら11人が参加。次世代に地域農業を引き継ぐための組織の誕生を祝った。同法人は川東地区の下三光・東姫田集落の農家5戸が参加し、代表には佐野孝記さんが就任した。同法人は、経営体育成基盤整備事業による圃場(ほじょう)整備の下で、効率的な稲作経営を展開していく。

 川東地区は、水稲単作地帯で、地元農家が個別に高品質・良食味米生産に取り組んできた。しかし、農業者の高齢化・後継者不足や水田農業施策の転換など取り巻く情勢が厳しくなっている。こうした状況の打開のために新しい組織を立ち上げることにした。

 同JAは、地域の担い手に出向く担当者(TAC)が中心となって設立支援を講じてきた。法人化に向けた検討会の手伝い、メンバーに対する相談、事務手続きの助言などを進めてきた。法人化の支援は、JAの自己改革の柱の一つである「地域農業の活性化」にもつながるとした。

 同JAは、地元農業の経営基盤の強化や安定経営に向けて、引き続き支援をしていく。

北越後 農事組合法人「水光里(みっこり)」設立総会開催

法人設立で持続可能な農業経営を目指す

 

 

 

    

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!