JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

地場産大豆で手作りみそ/女性部地産地消活動/JAにいがた南蒲【JAにいがた南蒲】
2018.01.10

 JAにいがた南蒲女性部は13日から3日間、同JA中之島加工所で、地場産の大豆と米を使ったみそ造り教室を開いた。保存料など添加物を使わず、「手作りしたみそはおいしい」という部員が多い人気の活動だ。参加者は女性部員14人で、半分以上がリピーターだった。一人平均約20㌔で、計380㌔のみそを造った。

 材料には、中之島をはじめとする地場産大豆「エンレイ」95㌔を使った。初日と2日目は、米こうじ造りと大豆洗いを行った。3日目は、大豆蒸しと仕込み作業をした。大豆は、蒸した後ペースト状にし、塩とこうじと混ぜ、たるに詰めた。参加者は「何度もみそをこぶしで突き、空気を抜くことがポイント」「しっかり空気を抜かないとカビが生えたり、みそが固くなったりして、失敗につながる」などと話しながら味噌を仕込んでいた。

 みそは、1年ほど熟成し、来年11月に出来上がる。毎年参加しているという参加者は「中之島で作るみそは、他のみそとは味が全然違う。友達にあげると喜ばれる」と話した。

にいがた南蒲 JA女性部みそ作り教室

蒸した大豆でみそ造りをする女性部員

 

 

     

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に