JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

JA越後さんとう・次世代農業者とこれからの地域農業を考える【JA越後さんとう】
2018.01.10

 JA越後さんとうは12月13日、地元の若手農業者との交流会を開いた。2018年度以降の地域農業の振興が目的だ。若手農家や同JAの担当者ら35人が参加した。阿賀野市や新潟市で、最先端の農業の現場を視察。水稲と園芸の複合経営について、今後の方向性を探った。

 阿賀野市では、複合経営を取り入れた稲作経営体を視察した。新潟市にあるJA全農にいがたでは、園芸モデル施設を見学した。県農業大学校では園芸作物の農業生産工程管理(GAP)の取り組みについて学んだ。参加者は、生産コストの削減や農作物販売戦略について理解を深めた。

 意見交換では、水稲と園芸の複合経営による生産拡大、農業所得の増大のための具体的な方策で意見を交わした。

 この交流会は今年で3回目の取り組み。意見や情報の共有に加え、仲間との交流、JAとの関係性を深める役割を果たしている。

 参加者は、今後も連携しながら、若い力で地域農業を盛り上げていくことを確認した。

越後さんとう 若手農業者と交流会

イチゴ栽培の説明を受ける参加者ら

 

    

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に