JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

小千谷人参生産組合が目合わせ会/雪中にんじんで付加価値アップ【JA越後おぢや】
2018.01.05

 JA越後おぢやのニンジン生産組織「小千谷人参生産組合」は20日、「雪中にんじん」の出荷に合わせてニンジンの目合わせ会を開いた。会場は、小千谷市のJA千谷野菜集出荷場で、生産者やJAの担当職員ら24人が参加した。今年産のできを確認し、品質や大きさなどの出荷規格を共有した。

 同組合では、雪を生かした高付加価値ニンジンの生産・出荷に取り組む。今シーズン産「雪中ニンジン」の出荷は3月中旬まで続き、出荷量は100㌧を計画する。

 目合わせ会で佐藤善一組合長は「袋詰めの際に異物などが混入しないよう気を付けて、高品質なニンジンを出荷していこう」と呼び掛けた。県長岡農業普及指導センター小千谷分室の椛澤桃子主査普及指導員は、今年産の出来を「11月の低温などで全体的にサイズは小ぶりだが、品質は良い」と見通した。

 組合は、食品の安全性向上や環境保全、労働安全の確保、品質向上の観点から、農業生産工程管理(GAP)に、担当者を置いて取り組み、消費者や実需者の信頼の確保に努めている。

越後おぢや ニンジン目合わせ会

ニンジンの出荷規格を確認する生産者ら

 

 

      

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!