JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

前年を上回る来場を記録/北越後大農業まつりを開催【JA北越後】
2017.12.18

 JA北越後と新発田市食料・農業振興協議会の主催で、新発田市カルチャーセンターを会場に「北越後大農業まつり」を開催した。当日は、組合員をはじめ、新発田市及び近隣地域の消費者が来場し、約6000人を超える来場を記録した。晩秋の味覚からフードコーナー、各種体験コーナー、イベントなどの催しで会場は賑わった。

 まつり開始時には、同JA管内で生産された自慢の越冬野菜即売コーナーに沢山の人が集まった。フードコーナーでは、女性部が地元の美味しい農畜産物を使った「豚汁」、「芋煮汁」を販売した。JA職員が作る地元産の牛肉・豚肉の串焼きやモツ煮、厚揚げ、おにぎりも好評だった。また、広域連携農産物等販売促進事業から、聖籠町、胎内市がまつりに参加し、販売ブースを設置する初の試みを行った。応援キャラクターとして新発田市のアスパラくん、聖籠町の緑丸、胎内市のやらにゃんなどが参加し、子供達の人気を集めた。

 まつりの進行は、稲刈りイベントから引き続き地元密着タレントの中村博和さんとパーソナリティーなどで活躍する海津ゆうこさんをMCに迎え、会場を盛り上げた。オープニングセレモニーには、聖籠の太鼓グループ「響(さとおと)」がライブを行った。来場者が参加して行う太鼓の演奏は人気のコーナーだ。まつりの中盤に行われた「もちまき」では、子供の部と大人の部で計2回実施され、大人の参加者も大勢集まり、大盛況となった。終盤に行われたじゃんけん大会は、大人と子供が混ざり、豪華景品を掴むため、どの手を出すか楽しく悩んでいる姿が見られた。

北越後 北越後大農業まつり

多くの来場者が集まったもちまき大会

 

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!