JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

錦鯉市場で納会/JA越後おぢや/全32回7000舟を売買【JA越後おぢや】
2017.12.18

 JA越後おぢやは11月24日、1年間のニシキゴイの取引を締めくくる納会を、小千谷市のJA錦鯉(にしきごい)市場で開いた。出荷者やバイヤー、JA役職員が参加。今シーズンは、全32回の開市で、6973舟が取引された。

 この日は、市内外の生産者が161舟を出荷。番台の軽快な掛け声のもと、舟で運ばれたニシキゴイを次々とせりに掛けていった。JAの谷口熊一組合長は「県内で唯一のニシキゴイ取引市場として、これからも地域の産業を支えていきたい」と意欲を示した。

 また、同日には市立小千谷小学校3年生34人の市場見学を受け入れた。今年の市場見学は2回目。ニシキゴイ生産者から話を聞き、地場産業に理解を深める目的。

 児童は、ニシキゴイ生産者で、同JA理事を務める坂詰晋作さんらの案内で、せりの仕組みや施設の概要を学んだ。児童は、市場に出荷する生産者数、せりのピーク時期などを質問。約200人が出荷していることや4月と10月にピークを迎えることなどをメモしていた。

越後おぢや 錦鯉市場納会

あいさつするJAの谷口組合長

 

 

    

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に
  • 火焔型土器を五輪聖火台に!