JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

農業の6次化に評価/「にいがた6次化フェア2017」で受賞/【JA新潟みらい】
2017.11.28

 新潟市江南区で酪農業を営むロイアルヒルホルスタインズが、「にいがた6次化フェア2017」の6次化大賞で、準グランプリにあたる新潟市長賞を受賞した。同社が出品したのは「さけるロングチーズ」。搾乳してから1時間以内の生乳を使い、牛舎に併設しているチーズ工房で製造することで牛乳の酸化を防止。ノンホモジナイズと低温殺菌で牛乳本来のおいしさを残したのが特徴だ。

 フェアは8~10日、同市中央区の朱鷺メッセで開かれた。大賞には、全国の39事業者が66点を出品した。出品者は商品の魅力や可能性についてプレゼンテーションし、食品関連企業のバイヤーや6次産業化プランナーらが専門的な視点で審査した。

 ロイアルヒルホルスタインズは、坂井武史さん(42)、美幸さん(37)の夫婦で経営し、乳牛40頭を飼養する。2016年から、自社工房でチーズやヨーグルトなどの加工を手掛ける。百貨店での店頭販売が好評で、関係者らの注目を集めている。

 美幸さんは、受賞者プレゼンテーションで「飼料にこだわり、夫婦で愛情込めて飼育している。加工品は、まろやかで生乳の風味ある商品作りを心掛ける。6次産業化は、農業の将来性を秘めている。3人の子を持つ親として、就農の道筋をつけてあげたい」と喜びを語った。

新潟みらい ロイアルヒル6次化受賞

6次化大賞で新潟市長賞を受賞したロイアルヒルホルスタインズの坂井美幸さん

 

 

 

     

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に