JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

タマネギ定植が最盛期/JA柏崎【JA柏崎】
2017.11.07

 JA柏崎管内でタマネギの定植作業が最盛期を迎えている。タマネギは同JAが、稲作農家の所得向上に向けて導入を推進する園芸品目の一つ。2018年産に向けて、個人と法人の28経営体が、転作田約8㌶でタマネギ栽培に取り組む。

 新潟県柏崎市の農事組合法人畔屋生産組合は18日、同JAからレンタルした乗用型全自動移植機で、順調に定植作業を行った。同法人は、昨年産の2倍にあたる8・5㌃に作付けるなどタマネギ栽培に力を入れている。

 同JAでは、稲作農家の所得増大のため、園芸を取り入れた複合経営を提案している。合わせて環境を整える。作業負担の軽減では、刈羽村にある同JA園芸サポートセンターが2013年度に播種から定植までの作業管理を始めた。また、JA全農にいがたの「規模拡大支援事業」や柏崎市の補助事業を活用し、歩行型全自動移植機や乗用型全自動移植機を取得。生産者の取り組み拡大に対応する体制を整えている。今年度の作付面積は、取り組み当初の1・8㌶から4・4倍に増えた。

 同JA管内のタマネギの定植は、11月上旬頃までに完了する見通しだ。

柏崎 タマネギ定植最盛期

JAから借りた乗用型全自動移植機で、作業が順調に進むタマネギの定植

 

 

      

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に