JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

阿賀野市長へ宮城全共出場報告【JA北蒲みなみ】
2017.09.12

 7日に開幕の宮城全共に出場するJA北蒲みなみ管内の生産者2人が8月30日、阿賀野市の田中清善市長を訪ね、同市役所で出場報告を行った。「他県の牛と比べて、にいがた和牛がどこまで結果を出せるか。ここまで来た以上、やってきたことを出し切りたい」と生産者は声をそろえ、大会への意気込みを見せた。

 山口孝平さんは、2区(生後14カ月以上17カ月の若雌)に「みわ2」を出品する。佐藤豊紀さんは3区(生後17カ月以上20か月未満の若雌)に「あすか」を出品する。

 2人は、阿賀・阿賀野和牛改良組合に所属する。同JA和牛部会とJA新潟みらいが連携し、繁殖牛のレベルアップや宮城全共出場を目指して2015年に結成した組織だ。初出場の生産者組織から代表牛が選出されるのは県内で初の快挙。

 出場報告会で田中市長の激励を受けた生産者は、宮城全共での健闘を誓うとともに、阿賀野市のアピールもしていくとと話していた。JA全農にいがた畜産課、阿賀・阿賀野改良組合の事務局担当者も参加した。

北蒲みなみ 宮城全共出場報告

牛にかける牛衣を持つ田中市長㊧と佐藤さん(左から2人目)、山口さん(左から3人目)

 

 

      

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に