JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

果樹産地白根 梨出荷順調/出荷リレー2番手「豊水」登場/11月まで5品種をリレー【JA新潟みらい】
2017.09.12

 県を代表する果樹産地の新潟市南区白根地区で、梨の出荷が順調だ。JA新潟みらいの集出荷施設「フルーツフラワーしろね」では7日に「豊水」の出荷が始まった。8月11日にスタートした「幸水」に続く品種だ。今後は「あきづき」「新高」「新興」と、11月までリレーする。

 同施設では、選果作業員が持ち込まれた梨を1個ずつ傷や病気がないかを丁寧に確認する。また、内部品質センサーで糖度や熟度、着色具合を検査し、等級ごとに箱詰めされていく。最盛期には、日量約4000~5000ケース(1ケース10㌔)を出荷する。

 今年産は、春先の悪天候で生育が遅れて小玉傾向がだ、糖度は十分だ。吉田忠裕センター長は「小玉となった分、味が凝縮されている」と自信をのぞかせた。JAしろね果樹部会日本なし専門部では今年、梨全体で約1800㌧の出荷を計画。販売高は約5億円を見込んでいる。

新潟みらい 梨出荷リレー2番手「豊水」登場

次々に選果されていく白根産の梨

 

       

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に