JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

セルフメンテ講習会を充実/基本テキスト作成、メーカー拡充/【JA全農にいがた】
2017.08.08

JA全農にいがたは、水田農業の担い手らを対象としたコンバインのセルフメンテナンス講習会を充実した。対応メーカーを増やすとともに、独自の基本テキストを作成。県内JA主催の講習会につなげていく。試行を含めて3年目の取り組みだ。
 講習会は、認定農業者や農業法人の従業員、JAの農機担当らに、コンバインの日常的な点検・整備や消耗部品の交換作業を伝授するもの。故障による作業ロスや維持コストを抑えることで、JAグループ自己改革の柱の一つである農業所得の増大を実現する。
 今年度はヤンマー製のコンバインも講習会の対象に加えた。7月25日の開催で担い手16人とJA担当者が参加した。クボタ製コンバインの講習会は8月1日に実施した。担い手6人とJA担当者が、オイルの交換や冷却水の点検、刈り刃の脱着などを学んだ。新潟市西蒲区で営農する笠巻農産の笠巻健之さん(38)は「JA全農の新規事業を活用するために、点検方法を確認しようと考えた。農機を長持ちさせて経営強化に役立てたい」と話した。JA新津さつき新津農機車輌センターの小林貴行さんは「講習会をJAの取り組みの充実につなげる。独自の講習会も検討したい」と将来を見据えた。
 基本テキストは、メーカーに共通した点検・整備の方法を独自にまとめたものだ。講習会で配るメーカー独自のテキストと合わせて、担い手ら自分でメンテナンス方法を取得できるようにした。全農にいがた農業機械課の金子哲也課長は「県内の各地域でJAが講習会を主催できるようにするもの。担い手の所得増大をしっかりと後押ししていきたい」と意義を説明した。

コンバインの点検・整備方法を学ぶ担い手ら

コンバインの点検・整備方法を学ぶ担い手ら

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に