JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

ミディトマト目合わせ会/小千谷トマト出荷組合/ハウス巡回も【JA越後おぢや】
2017.07.12

 JA越後おぢや管内のトマト生産者でつくる「小千谷トマト出荷組合」は6月26日、同JAの千谷野菜集出荷場で、ミディトマト「華クイン」の目合わせ会を開いた。同組合のメンバー、市場やJAの担当者らが参加し、品質や大きさなどの出荷規格を確認・共有した。

 「華クイン」は、フルーツのような甘さが特徴のミディトマト。同生産組合は、6月中旬から8月下旬まで出荷する。数量は約11㌧を計画している。今年産について同組合の金子義彦組合長は「例年より生育が少し遅いが、糖度は高く品質は良い」と解説した。

 目ぞろえ会では長岡中央青果の担当者が「組合のトマトは、味が良く、評判が良い。例年に引き続き、品質の良いものを出荷してほしい」と生産者へ依頼した。

 この日は、目合わせ会と合わせて、園地視察も実施した。市場の担当者ら参加者は、生産者のハウスを見回り、生育状況を確認した。

越後おぢや トマト目合わせ会

トマトの生育状況を確認する市場の担当者ら

 

 

     

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に