JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

地域とJAが目指すべき姿とは/農家組合長研修会を開催/JAえちご上越【JAえちご上越】
2017.07.03

 JAえちご上越は17日、上越市の上越文化会館で農家組合長研修会を開いた。地元の農家組合長550人が出席した。研修では、監査法人トーマツJA支援室の水谷成吾シニアマネージャーの講演を通じ、地域農業のあり方やJAが目指すべき姿を説明。組合員とJAが一体となって地域と向き合い、自己改革に取り組むよう強調した。

 同JA経営管理委員会の青木克明会長は「組合員に評価されるJAづくりに向け、自己改革を加速していく。農家組合長には、さらなる意見や指導をいただきたい」と呼び掛けた。

 講演のテーマは「農協を取り巻く環境と農協の目指すべき姿~地域をつなぐ農協の役割と課題~」とした。講師の水谷さんは「JAの存在意義、組合員とJAの関係性が問われている。総合事業の強みを生かして、地域の営農活動を支えるのがJAのあるべき姿。役割を果たしているかどうか、組合員もJAの一員として向き合うべきだ」と提言した。また、地域農業を守るためには、JAや農家個人の利益よりも、産地としての地域の利益を最優先に考えなければならないと強調。地域農業を次世代につなげるため、農家一人一人の意識を変えるリーダーとなるよう、出席者に求めた。

えちご上越 農家組合長研修会

多くの農家組合長が出席した研修会

 

 

    

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に