JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

ナス「越の丸茄子」の苗定植/ひすい/養液土耕栽培システム今年度試験栽培スタート【JAひすい】
2017.06.21

 JAひすいは2日間、糸魚川市の早川育苗センターで、伝統ナス「越の丸茄子」の定植作業を行った。同JAの試験栽培組織「夢クラブ」のメンバー4人と同JA職員が、養液土耕栽培システムのベッドに苗500本を植え付けた。養液土耕栽培システムでの試験栽培は今年で4年目。

 参加者は、苗運び、誘引ひもの設置などの仕事を分担して作業を進めた。営農部営農課に配属された新入職員の小野岬さんは「養液土耕栽培システムを初めて見た。コンテナを運ぶのが大変だったので、軽量化できないかを考えていきたい」と話した。

 同JAでは今後、養液土耕栽培システムを活用し、水稲育苗後のハウス活用による園芸作物栽培、土壌病害・連作障害の回避、養液土耕栽培システムを活用した栽培技術の確立などの課題を研究する。研究成果は、生産者に還元し、システムの普及拡大を目指す。今年度の目標は、2件での導入だ。今年度は、新たにミニトマト「アンジェレ」の栽培も始める。

ひすい 越の丸茄子定植

伝統ナス「越の丸茄子」の苗を植えるJA職員

 

 

    

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に