JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

確実な中干し実施へ意識統一/柏崎刈羽米品質向上研修会/柏崎地域農業振興協議会【JA柏崎】
2017.06.14

 JA柏崎や柏崎市、刈羽村などでつくる柏崎地域農業振興協議会は5月29日、刈羽村で品質向上研修会を開いた。農業者ら約300人が集まり、中干しの徹底と高温に負けない稲づくりに向けて意識を高めた。

 JA柏崎の小林正雄理事長は「基本技術の徹底で市場に求められる米づくりへ一層の努力をしていこう」と呼び掛けた。

 研修会では、JA佐渡米穀販売課の渡部学課長を招いて基調報告を行った。渡部課長は、農業生産とトキの保護活動を結びつけた「生き物を育む農法」、減農薬減化学肥料栽培の普及などの取り組みを紹介した。「取引先との結びつきを強めることが大切。直接販売が高く売れるのは間違いで、こだわりや特徴を丁寧に伝えないと高い米は売れない」と強調した。

 県柏崎地域振興局農業振興部普及課の田辺茂郷課長代理は「昨年に比べ茎数はやや多く、下位からの分げつが多い」と生育状況を報告。今後1か月間の高温予想を踏まえて「昨年以上に、遅れずに中干しを実施してほしい」と訴えた。

 中干し実施の意思結集をするため、同JA青年部の五十嵐勝司部長が決意を表明。参加者全員でガンバロー三唱をした。

柏崎 柏崎刈羽米品質向上研修会

「中干し実施中」ののぼりを掲げ、拳を上げる同JA青年部の五十嵐勝司部長㊥ら

 

      

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に