JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

17年産ナラシ対策加入申請//新潟県内農業再生協議会と各JA
2017.06.05

 水田農業経営のセーフティネットである収入減少影響緩和対策(ナラシ対策)で、2017年産の加入申請が、新潟県で進んでいる。県内JAは、地域農業再生協議会と連携し、加入申請書や事務委託契約書の制作支援を実施。担い手の経営安定のため、事務処理や相談対応など万全のサポート体制を整える。申請期限は6月末。

 ナラシ対策は、米価が下落した際に、収入を補てんする制度だ。認定農業者や集落営農が対象で、農家拠出を伴なう。

 JAにいがた南蒲は22日から31日までに約1200経営体の加入申請を受け付けた。同JAは、自己改革の取り組みと合わせて経営対策の営農相談を強化。農業所得の確保と担い手支援に努めている。

 JA越後ながおかには5月25日までに約430経営体の加入申請があった。同JAは、18年産以降の生産調整の見直しを見据え、水田農業の担い手らに対して「経営安定対策の理解と需給安定の必要だ」と訴えてきた。水田農業の担い手を対象とした仕組みは、07年からの品目横断的経営安定対策から数えて10年目となった。国会では、新たに収入保険制度の創設に向けて審議が進んでいる。同JAはこうした情勢を踏まえ、担い手の経営対策に本腰を入れる構えだ。

関谷・0525・ナラシ加入申請が進む/新潟県IMG_9523.jpg-1

ナラシ対策の加入申請を受け付けたJAにいがた南蒲南営農センター会場

 

 

 

    

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • あなたの見つけた「協同」フォトコンテスト作品集
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 考えてみよう!TPPのこと
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に