JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

里芋株を展示/子孫繁栄、縁起物として広く普及/新潟県五泉市の飲食店【JA新潟みらい】
2017.05.08

 新潟県五泉市の飲食店や公共施設などで、縁起物として特産のサトイモ「帛乙女」を丸ごと飾る風習が根付いている。JA新潟みらい五泉営農センターの担当者は「いつから飾り始めたか定かではないが、帛乙女の知名度アップにもつながっている」と、市民の応援に感謝を伝える。

 サトイモは、親株から子芋、孫芋と分かれることから子孫繁栄の縁起物として知られる。

 阿賀野川の流域に位置する同市は、サトイモやレンコン、ネギなどの産地だ。サトイモ「帛乙女」は、白くぬめりが強さが特徴で、県内外の市場で人気が高い。

 五泉食堂組合の柴野秀行さん(52)は、店内にサトイモの大きな株を展示して客にアピールする。柴野さんは「サトイモの株を丸ごと見る機会が少ない。店内に株ごと展示することで帛乙女ブランドを発信できる」と話す。

五十嵐・日の出食堂①

縁起物として飾られるサトイモ「帛乙女」

 

 

        

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に