JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

葉タバコ定植作業が終盤/中条葉たばこ生産組合【JA胎内市】
2017.05.01

 葉タバコ産地のJA胎内市管内で、2017年産の苗の定植が終盤を迎えている。今年産は、4月上旬に生産者が定植作業をスタート。苗のサイズは、日照不足と低温の影響で小さめだが、品質には問題ないという。収穫作業は6月上旬から始まる。

 定植に使った苗は、2月下旬に播種し、3月中旬から子床で育ててきたもの。

 生産者は、マルチを施した畑に、自動給苗移植機で、9枚ほどの葉を付けた苗を植え付けた。

 中条葉たばこ生産組合では、定植作業が終了した。組合員56人が、黄色種88ヘクタール、バーレー種9ヘクタールの計97ヘクタールで栽培する。作付面積は、前期比1ヘクタール減となった。生産組合の山田一男組合長は「昨年は天候が味方し、豊作だった。今年産でも、気象災害がなく、大豊作となることを期待したい」と期待していた。

 2016年産の買入重量は279トンで、総販売額は約5億8000万円だった。平均10アール当たり収量は黄色種が289キロ、バーレー種が266キロ。

胎内市 葉たばこ定植終了

移植作業を進める生産者

 

 

    

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に