JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

エダマメ品質向上へ排水対策がカギ/穿孔暗渠機の実演会を開催/JAえちご上越えだまめ部会【JAえちご上越】
2017.04.17

 圃場(ほじょう)の排水対策を進め、エダマメの品質・収量の向上につなげよう――と、JAえちご上越えだまめ部会と上越農業振興協議会・園芸振興部会は3日、穿孔(せんこう)暗きょ施工機の実演会を、上越市横曽根で行った。生産者やJA、県上越農業普及指導センターなどの担当者ら約40人が集まった。トラクターに施工機を装着して、けん引し、畑に通水空洞を掘り進める様子を見学した。

 同JAでは、水稲から園芸品目への転作を進めている。エダマメは、作付面積が年々拡大しているが、粘土質の圃場が多く、排水対策が課題となっている。特に2016年産は、夏・秋期の長雨で排水が間に合わず、湿害を受けた圃場が多かった。

 実演会は、昨年産までの課題を踏まえ、本格的な作業が始まる前に、生産者に新しい技術を提案しようと実施した。北海コーキと農研機構、北海道農業公社が共同開発した施工機「カットドレーン」を持ち込んだ。圃場の深さ40~70センチに、四角系のトンネルを作ることができる。

 「資材を使わなくてもよく、自分でも持続性が高い暗きょをつくれそうだ」「エダマメ畑の排水性の向上が期待できる」などの声が上がっていた。

えちご上越 エダマメ排水対策の実演見学会②.jpg

施工した暗きょの様子を確認する生産者

 

 

     

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に