JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

昨年超えの結果目指そう/直播専用肥料に手応え/新潟市北区の岡方直播研究会が鉄コーティング【JA新潟市】
2017.04.10

新潟市北区で活動する岡方直播研究会は3月30日、JA新潟市豊栄ライスセンターで、水稲種子の鉄コーティングを行った。会員や同JA職員ら7人が参加した。品質、収量ともに良好だった前年を上回る実績を挙げようと、意欲を高めていた。
 今年で7年目を迎える研究会の鉄コーティング直播(は)栽培は、育苗・田植え作業の省力化を目的として始めた。昨年産では、生育初期の気候に恵まれ、水稲の分けつが良かった。その後の生育も順調で、「コシヒカリ」の10㌃当たり収量は510㌔となった。
 今年は「コシヒカリ」「こしいぶき」「わたぼうし」の種子300㌔をコーティングした。種子は、浸漬・乾燥をして準備。専用機械で種子を回転させながら、鉄粉と石こうのミックス粉165㌔でコーティングした。仕上げに石膏7・5㌔をまぶした。

 今年産では水田7・5㌶で直播栽培を予定する。「こしいぶき」では、JA全農の直播専用の基肥一発肥料を使用する。これは、「コシヒカリ」に続くもの。同研究会の小林元衛会長は「コシヒカリの直播専用肥料は、かなりの手応えを感じた。全ての品種で良い結果が出れば、会員数と面積の増加につながると思う」と期待を込めた。

新潟市 鉄コーティング.jpg

水稲種子をコーティングする会員ら

 

 

 

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • あなたの見つけた「協同」フォトコンテスト作品集
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 考えてみよう!TPPのこと
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に