JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

雪下人参の出来を確認/JA十日町【JA十日町】
2017.03.21

 JA十日町は2月28日、豪雪地帯ならではの地域特産品「雪下ニンジン」の出来や収穫適期を確認するため、十日町市倉又地域で試し掘りを行った。生産者や市場、同JAの職員ら20人が参加した。積雪深1・3の畑で、雪をかき分けながらニンジンを掘り起こした。

 雪下ニンジンは、十日町市と津南町が、県内の主産地だ。収穫し忘れた秋ニンジンに雪が積もり、春に掘り起こして食べてみたところ、甘くておいしかったことを踏まえて、雪の下での栽培を始めた。ニンジンは、約3か月の栽培期間の間に甘みを増し、生でもおいしく食べることができるようになる。地元はもちろん都心でも人気の商品のようだ。

 参加者は、掘りたてのニンジンを、その場でかじって出来を確認し、「今年の出来は良好だ」と話していた。同JAは毎年2月末~3月上旬に試し掘りをしている。

十日町 雪下人参試し掘り①.jpg

試し掘りをする参加者

 

    

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • あなたの見つけた「協同」フォトコンテスト作品集
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 考えてみよう!TPPのこと
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に