JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

温湯消毒処理作業始まる/JA胎内市【JA胎内市】
2017.03.13

 JA胎内市は2月28日、水稲種もみの温湯消毒を始めた。消費者の安全・安心志向に対応した取り組み。今年は、「コシヒカリBL」をはじめ、飼料用米の「新潟次郎」、業務需要に対応した多収性品種「あきだわら」など計9品種で、約7万9000キロを処理する計画だ。

 温湯消毒とは、60度の温湯に10分間、種もみを浸すことで、病気の原因となるカビや細菌を消毒する方法だ。ばか苗病、いもち病、苗立枯病に対して、農薬を使った場合とほぼ同等の防除効果が期待できる。

 同JAは2008年、3割以上の減農薬減化学肥料栽培の実践を目的に取り入れた。作業は、全て同JA農作業受託組合へ委託している。処理量は1日当たり約3500キロに達する。同組合の小林誠一組合長は「安全で安心できる米の供給はもちろん、生産者のコスト低減にもつなげていきたい」と話す。

 処理作業は、ピークが3月中旬で、同月下旬まで続く。

胎内市 温湯消毒処理処理作業始まる(作業を行う作業員)

温湯消毒作業を行う作業員

 

 

     

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • おいしい新潟産のある食卓 月刊新潟KOMACHI
  • TPP私たちの思い
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に