JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

つながり強化、地域貢献へくらしの相談活動/全支店配置に向けて意見交換/JAえちご上越【JAえちご上越】
2017.03.13

 JAえちご上越は3日、同JA本店で「くらしの相談員」の連絡会議を開いた。相談員や関係役職員ら15人が出席した。相談員の業務内容について、2016年度の活動状況を報告し、意見を交換した。

 くらしの相談員は2016年度に、組合員や地域住民とのつながり強化、地域貢献を目的として、支店に置いた担当だ。17年度は24支店のうち、17支店に設置した。役割は、主に営農・経済や組織などJA事業に関する相談や意見・要望を聞き取り、支店長や関係部署と連携しながら解決を目指す。組合員らがJAや支店を身近に感じるよう、業務経験やノウハウを生かした活動を行っている。

 藤山作次専務は「18年度には、全支店への配置を目指す。なんでも相談できる頼れる存在として支店長の片腕となり、地域の課題解決にあたってほしい」と激励した。

 意見交換では、「地域へ積極的に出向き、対話することで役割をPRできた」「経済部門の負担が大きい支店がある。業務内容の見直しも必要だ」などの声が上がっていた。また、今年度に設置した支店の相談員は「支店全体で設置目的や業務を再認識する必要がある。地域に貢献できる体制づくりを、業務横断的に考えたい」と意欲的に話した。

えちご上越 くらしの相談員連絡会議.jpg

充実した相談活動を目指して意見を交わす相談員

 

    

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • あなたの見つけた「協同」フォトコンテスト作品集
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 考えてみよう!TPPのこと
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に