JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

八色しいたけ新規参入/新潟県南魚沼市の上村賢さん
2017.01.23

 新潟県南魚沼市六日町地区の新規就農の上村賢さん(40)が、地元のブランド農産物「八色しいたけ」の栽培をスタートした。栽培ハウス5棟(1棟324平方メートル)は昨年12月に完成したばかりだ。今年に入って、ハウス1棟に菌床13000個を設置。3月下旬には、初収穫を見込む。

 上村さんは、17年間のサラリーマン生活に終止符を打ってUターン就農をした。「自分で経営できる事業を探していた。シイタケ農家がいきいきとしていたことに気が付いた。自分の力が試せる仕事だと感じた」と振り返る。JA魚沼みなみの支援体制が整っていたことも背中を後押しした。夫婦で一年間、八色しいたけ事業協同組合のベテラン生産者のもとで研修を重ね、手ごたえをつかんだ。

 現在は、毎日のようにハウスを巡回し、成育を楽しみにしている。「菌床の色が白から赤茶色に変わってきた。まるで自分の子どものようだ」と喜ぶ。先輩が確立した栽培技術をもとに、さらに細かい管理や自分に合った栽培研究を目指す意気込みだ。今後は、2か月おきにハウス1棟ずつに菌床を入れ、年間の栽培ローテーションを組んで生産の安定化を図る。菌床1ブロックで収穫量1㌔、販売金額1000円をめざす。

 同組合の駒形永幸代表理事は「私も先輩から技術を学んできた。初年度から実績を上げられるよう全員で応援したい」とエールを送る。

関谷・0120・八色しいたけ新規参入IMG_8417.jpg-1

13000個の菌床は順調に生育していると確認する

 

 

 

      

  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • あなたの見つけた「協同」フォトコンテスト作品集
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 考えてみよう!TPPのこと
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に