JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

商売繁盛を願い、威勢良く今年の取引をスタート/上越市の新印上越青果で新春初市【JAえちご上越】
2017.01.11

 新潟県上越市の新印上越青果は5日、新春初市を開いた。買参人や生産者ら関係者100人が参集。縁起物の宝船や新鮮な農産物を販売し、2017年の取引をスタートした。

 同社の大場正芳社長は「上越地域の拠点としての役割を発揮し、消費者のニーズ応え、地域性を増した特産品づくりで、安定した生産環境を整える」とあいさつ。JAえちご上越経営管理委員会の青木克明会長は「農業所得の増大に向け、エダマメを中心とする園芸品目を拡大していく。JAと市場が協力し合うことが大事だ」と訴えた。

 初せりでは、買参人の掛け声とともに、果物や野菜を盛りつけた宝船11艘をせり落とした。入荷量は、地場野菜のアスパラ菜などの野菜が約30㌧で、果実が約5㌧となり、平年並みとなった。市場関係者は「作柄はおおむね順調だ。地元産食材を求める消費者のためにも、積極的な取り引きをしていきたい」と話した。

えちご上越 初せり.jpg

威勢の良い声とともに次々とせり落とされる宝船

     

  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • あなたの見つけた「協同」フォトコンテスト作品集
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 考えてみよう!TPPのこと
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に