JAグループ新潟

新潟県内農業ニュース

新潟県内農業ニュース

会話や歓声が飛び交い盛況/第19回ふれあいアッセまつり/新潟・JA佐渡など
2015.11.17

ふれあいアッセまつりが、佐渡広域総合流通センターで開かれた。JA佐渡や新印佐渡中央青果㈱などが主催。「輝けふるさと!創ろう佐渡の未来」がテーマで、家族連れなど3000人を超える市民が訪れた。会場では、同JAのグループ会社や生産者部会、女性部、青年部が農産物を販売。体験せりやゲームなどが人気を集めた。中川・1103・ふれあいアッセまつり01
同JA経営管理委員会の齋藤孝夫会長は「米生産やおけさ柿などで品質が高まっており、農家の努力が着実に実を結んでいる。先進的な若手生産者も増え、明るい兆しが見られる」とあいさつした。開会式では、おけさ柿品評会、バケツ稲づくりコンテストの表彰を行った。また、活動功労としてJA直売所「新鮮空間よらんか舎(や)」を顕彰した。
会場には、農産物の直売店が連なり、店員と来訪者が農産物を通じた会話を楽しんだ。餅つき実演では子ども達の歓声が沸いた。
中央青果は、恒例の体験せりを実施し、マツタケや果物、野菜を時価の20~30%で販売した。両親と一緒にせりで野菜詰め合わせやミカンなど4点を購入した本間敦也さん(7)は、「初めての体験。大きな声で手を挙げたらエイッとの声で指さされた。楽しかった」と笑顔で話した。

写真=値付けの声が飛び交った体験せり

  • 「協同組合」がユネスコ無形文化遺産に登録されました
  • 公式facebookページ
  • 県内農畜産物
  • 農畜産物・特産品 JAへのご注文
  • JAグループ新潟 フォトコンテスト
  • あなたの見つけた「協同」フォトコンテスト作品集
  • アルビレックスホームゲーム観戦にご招待
  • 県内の農産物を毎月プレゼント
  • 農men no life
  • 採用情報

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

  • きっず広場
  • みんなのレシピ
  • 集え!若人
  • 日本農業賞
  • 新潟県内イベント情報
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 食彩の詩
  • 東日本大震災への支援
  • 考えてみよう!TPPのこと
  • 2012国際共同組合年
  • 「新潟米」情報センター
  • 大地がくれる絆を、もっと。 JAグループ
  • 佐渡を世界遺産に